Amazon Prime Videoの個人的お勧め海外ドラマの感想

自分の忘備録も兼ねて、去年までに見たAmazon Prime Videoのお勧め海外ドラマの感想をまとめます。ただし、面倒なのでひとまず3行程度で。ものによってはそれ以上で。まあ適当に。

the good wife(グッド・ワイフ)

シーズン7まで全部見た。

いわゆる法廷ものとしての面白さはもちろん、アメリカの時事ネタが組み込まれていたり、政治家の夫の突っ走るダメ人間のリアルさだったり、少しずつ成長する2人の子供だったり、見どころが多くてハマった。政治コンサルタントのイーライ・ゴールド役のアラン・カミングが魅力的。登場人物は結構やること無茶苦茶だから、感情移入して観る系のドラマではないかな。アメリカの民主党・共和党の主義主張もドラマにガンガン出てきて、無知な僕には楽しめた。

アラン・カミング - Wikipedia

そういえば日本でもTBSでグッド・ワイフを常盤貴子さんでやるらしい。原作の設定・スケールを日本版でやるのは相当難しいと思うが、なんとか頑張ってほしい。

TBSテレビ「日曜劇場『グッドワイフ』」
TBSテレビ「日曜劇場『グッドワイフ』」の番組情報ページです。

the good fight(グッド・ファイト)

シーズン2まで見た。シーズン3以降は、現在アメリカで放映中みたい。

グッド・ワイフのスピンオフ作品。期待せず見たらめちゃくちゃ面白かった。トランプ政権下のアメリカの混乱した雰囲気の中、次第に強く生きていく女性3人が主人公。グッド・ワイフで個人的にどうでもよかった恋愛ネタの代わりに、時事ネタやアメリカの人種差別の扱いなど、ニュースや教科書だけでは分からない空気感がわかって楽しい。ちなみにこのドラマはかなり明確に反トランプ派。それが主題のドラマではないけど、アメリカのドラマ攻めててスゲー!ってなった。

SUITS(スーツ)

シーズン6まで見た。現在アメリカは8を放映中?。早くシーズン7以降がプライム

これまた法廷もの。つい最近日本版もやってた。グッド・ワイフ程、法廷での細かいやり取りは少なく、アメリカのエリート成功者的なスーパーやり手弁護士と、天才記憶力青年のペアがメインで、爽快に問題を解決していくストーリーがメイン。周りの人間と、揉めたり仲良くなったりを繰り返しながら、長い時間をかけて親密になっていく様が描けるのが、こういう長編ドラマの魅力の一つだと思う。気楽に見れてスカッと面白い。

FRIENDS(フレンズ)

シーズン10まで全部見た。

シットコム(シチュエーションコメディの略らしい)。6人の若者のシェアハウス?で起こるドタバタ劇。体感では10秒に一回くらいクスっと笑えるシーンがある感じ。1話20分くらいで気楽に見やすく、6人のファンになった、というか一方的に友達になった気分ですらある。シーズン10まで見てると、情まで湧き出す始末。アメリカで猛烈に人気だったそうな。

というかPrime視聴終わっとるー(2019年1月現在)。またそのうち暇があれば見たい作品。楽しい気持ちになれる、それだけだけど、そんな作品もなかなか貴重だもの。

THIS IS US(ディス・イズ・アス 36歳、これから)

シーズン1を全部見ました。

以外と珍しい直球で感動するドラマ。色々ネタバレするのはもったいないから詳細は書かないけど、何か観るものを探してる人は、第一話だけでも見たら宜しいんじゃなかろうか。

これはあなたの物語です。誕生日が同じ36歳の男女3人。自分が演じる役に嫌気がさしているイケメン俳優、”脱肥満”を目標に努力する女性、幸せな家庭を築いているエリートビジネスマン。置かれている状況も性格もまったく異なる彼らには、誕生日以外にも共通点があった…。人生の壁を乗り越えようとする中で、それぞれが大切なものを失い、そして見つけ、3人の運命の糸が次第にたぐりよせられていく。 Amazon 作品紹介文より

この紹介文では正直、あんまり見る気は起きなかった。でも第一話は中々物語として上手く、しかもグッとくる台詞もあって、第二話以降も全部見ようとすぐに決意した。結果、シーズン1すべて見て正解だった。シーズン2がプライム化されるのが待ち遠しい。

 

まとめ

これだけのドラマを見るのに一体合計何時間使ったんだろう。。。通勤中や食器洗い中に見ることが多いとはいえ、相当な時間を海外ドラマを見ることに使ってしまいました。とはいえ、なかなか楽しめたので、ひとまず良しとしておきます。

どれもまずまずお勧めですので、ダラダラ過ごしたければ是非見ていただければと思います。

コメント